交通事故記事

2017年8月2日むち打ち症
  むちうち症とは総称であり 頸椎ねん挫・頸部挫傷・外傷性頸部症候群 などが含まれます。   むち打ち症は、交通事故で起こるケースが多いです。※交通事故では、その日に痛みを感じない事もあり、翌日・数日後に症状が出る事があります。 少し解剖学的なお話になりますが、頸椎は前に向かってカーブしています。その上に4~5㎏の重さのある頭が乗っています。(体重の4%と言われています)これが後ろからの外力などが加わるとむちの様な動きをとり痛めるのでむち打ち症と言われてます。   当院では、むち打ち症の痛みのコントロールだけでなく 頸椎の並びを整える特殊な手技療法・電気療法・運動療法を用いて治療を行います。   むち打ち症でお困りの方はご相談ください。       東京都小平市学園東町2-4-15 042-313-6234 受付時間 9:00~13:00、15:00~19:00 (水曜は15:20まで、土曜は13:00まで) 休診日:日曜日
2017年7月24日もしもの時に…覚えておきましょう!~交通事故~
  どんなに小さな事故でもまずは警察に連絡しましょう! その時に痛みがでなくても、数時間後・数日後に症状が出る事があります。   自分でできること…記憶をメモしておきましょう! 例 ・相手の車両ナンバープレート ・相手の名前 住所 ・その日の記憶   みやたけ鍼灸整骨院では、事故に遭われた方に対し自動車保険(自賠責保険・任意保険)を使用し施術が受けられます。       事故現場から救急車で運ばれた病院以外に通院できないと思い込んでいる方がいますが、あくまでも通院場所は患者さんが決められます。 病院に通院しながら当院で治療を受けることも問題ありません。   当院には交通事故の被害を受けてしまった方が多く来院されます。その多くはご紹介や他からの転院です。 現在通われている病院・治療院に報告せずに転院されても問題ありません。   東京都小平市学園東町2-4-15 042-313-6234 受付時間 9:00~13:00、15:00~19:00 (水曜は15:20まで、土曜は13:00まで) 休診日:日曜日
2017年6月26日交通事故
  どんなに小さな事故でもまずは警察に連絡しましょう! その時に痛みがでなくても、数時間後・数日後に症状が出る事があります。   自分でできること…記憶をメモしておきましょう! 例 ・相手の車両ナンバープレート ・相手の名前 住所 ・その日の記憶   みやたけ鍼灸整骨院では、事故に遭われた方に対し自動車保険(自賠責保険・任意保険)を使用し施術が受けられます。       事故現場から救急車で運ばれた病院以外に通院できないと思い込んでいる方がいますが、あくまでも通院場所は患者さんが決められます。 病院に通院しながら当院で治療を受けることも問題ありません。   当院には交通事故の被害を受けてしまった方が多く来院されます。その多くはご紹介や他からの転院です。 現在通われている病院・治療院に報告せずに転院されても問題ありません。     東京都小平市学園東町2-4-15 042-313-6234 受付時間 9:00~13:00、15:00~19:00 (水曜は15:20まで、土曜は13:00まで) 休診日:日曜日

交通事故

img_traficc-accident01

当院では、交通事故の施術を行っております

交通事故の施術

当院では、自賠責保険を利用して交通事故の施術を行うことが可能です。

現在、病院・治療院に通院されている方でもそちらに報告せずに転院されても問題ありません

また交通事故の場合は、病院に通院しながら当院で施術を受けることも可能です。

 

むちうち症や腰痛などの交通事故での症状の原因は、レントゲン等の画像に映らない場合もあります。

 

当院の施術では、問診・視診・触診はもちろんの事、身体の動きを分析していくことで原因を特定していきます。

当院には、交通事故の被害を受けて症状を訴えている方が多く来院されます。知人のご紹介や他院からの転院をされた方も多くいらっしゃいます。

 

当院で交通事故の治療を行うメリット

 

当院では、根本的に早期治癒を目指すために症状に応じた運動指導を行っております。

 

*自賠責保険を利用することで、治療費の患者負担はゼロ。

*交通費、慰謝料も別途で出ます。

*西武多摩湖線一橋学園駅から徒歩7分、最寄りのバス停徒歩1分。

駐車場もご用意しておりますので、車での来院も可能です。

*誠実さをモットーに、丁寧に症状の説明を行い施術方針に納得された上で、適格な施術を専門スタッフが行います。

 

 

もし、被害者になってしまったら・・・

事故に遭ってしまった旨を自分の加入している自動車保険会社や代理店に連絡してください。

 

【必ずメモしておく事】

1. 加害者に免許証を見せてもらって、加害者の住所氏名

2. 加害車両のナンバープレート

3. 事故直後の現場の状況 ※可能であれば、写真に撮っておきましょう

4.事故当日の行動から事故直後までのあなたの記憶)

 

☆小さな事故でも必ず警察に連絡を入れましょう。

 →保険金の請求手続には「交通事故証明書」が必要となります。これは警察に届け出なければ発行されません。

きちんと事故を警察に届け出て、「交通事故証明書」を申請してください。

病院や接骨院で診断書を発行してもらって、警察に提出することも必要となります。

診断書の提出により、物損事故から人身事故の扱いになり自賠責保険での治療費の請求が可能となります

 

 

事故に遭った直後は興奮しているために、あまり症状がないと思っても、後日症状が強く出ることがあります。

→事故に遭ったら病院や接骨院の適切な施術を受けることをおすすめします。

※救急車で事故現場から運ばれた病院以外に後日通院できないと思っている方がいますが、あくまでも通院する病院、接骨院は患者さんが決められます。